韓国ドラマにペットがあまり出てこない理由とは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本ではペットブームで、ドラマの中にも犬や猫といった動物がたくさん登場しますが、韓国ドラマではペットが出てくる場面というのは、とても少ないようです。そこには、どんな事情があるのでしょうか。

これからはペットの出番が韓国ドラマで増えるかも




あくまでもイメージの問題

昔から韓国では、猫は「不幸を呼ぶ不吉な動物」とみなされる傾向がありました。そういう事情から猫は毛嫌いされることがとても多く、地方に行っても、野良猫はほとんどいませんでした。
また、韓国には「補身湯(ポシンタン)」と呼ばれる赤犬の鍋を食べる習慣が昔からありました。
今でも、この鍋を栄養食として食べる男性がたくさんいます。
このように、猫と犬のイメージが日本のように良くなかったのです。
そんなお国柄ですから、日本のように犬や猫をペットとして飼う家庭は少なかったのです。その結果、ドラマでも家庭で犬や猫を飼うという設定があまりありませんでした。
しかし、最近は状況が変わってきました。
ソウルでは、企業で働く独身女性を中心に、犬を飼うことが多くなりました。彼女たちの多くが高層マンションに住んでいることもあり、人気が高いのは室内で飼えるミニチュア・ダックスフント、マルチーズ、ヨークシャテリアなどの小型犬です。




また、大型犬の中ではシベリアンハスキーの人気が高いのですが、韓国のペットショップは小型犬だけを扱うお店が多いので、大型犬がほしい人は直接ブリーダー(飼い主や飼育者)に頼んでいるようです。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る