ついにイ・ジョンソクも兵役入り!社会服務要員としての日々が始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ジョンソクの所属事務所は、「イ・ジョンソクが3月8日から社会服務要員として兵役に入る」ことを明らかにした。彼はドラマ『ロマンスは別冊付録』に主演中だが、この作品を区切りとして、しばらく芸能活動を休止して兵役を履行する。

写真=イ・ジョンソクInstagram




毎日の通勤が始まる

イ・ジョンソクは社会服務要員として兵役の代替服務を行なう。
彼は中学生のときに交通事故に遭ってじん帯を断裂しており、徴兵検査で4級の判定を受けている。
この4級の場合は、厳しい軍務をともなう現役兵は難しいと判断され、代替服務の社会服務要員となるのだ。
社会服務要員の日々が始まれば、どのような生活になるだろうか。
芸能人の場合は、ソウル市内の区役所か福祉施設に所属することが多い。イ・ジョンソクも同じように公的な機関で兵役を履行することになりそうだ。
現役兵ならば各師団で軍務に励むので、一般社会とは完全に隔絶してしまうが、社会服務要員は自宅から配属先まで毎日通勤することになる。




そういう意味では、一般社会の中で兵役を続けていける。この点は大きい。
原則的に服務は午前9時から午後6時まで。昼食時間の1時間を除いて1日8時間勤務となっている。
(ページ2に続く)

超解説!社会服務要員とは何か?

これが「社会服務要員」のすべて!

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

解説!兵役における社会服務要員の役割

チャン・グンソクの復帰も早まる!社会服務要員の兵役が24カ月から21カ月に短縮

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る