韓国ではお高くとまっていたらスターになれない!(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国のスターは、一般の人にとって縁遠い存在ではない。スターといえども、週末に多い芸能ニュース番組やバラエティに出たときは、すごくサービス精神が旺盛で、イメージとは裏腹に一気にはじけてしまう人も多い。




秘訣は「謙虚さ」

とにかく、韓国のスターはプライベートなこともバンバン話す。日本の場合だと、スターの記者会見では主催者側から「プライベートなご質問はお控えください」とよく言われるし、スターはなるべくプライベートを出さないというのが暗黙の了解になっているが、韓国は逆に、スターはテレビに出たときに自分の庶民性を徹底的にアピールする。「何を食べている」とか、「どんなところへ行っている」とか、「家で普段は何をしている」とか、そういうことを割と明るく語ることが多い。
それは、「視聴者と同じように生活しています」ということを訴えたいからだ。つまり、お高くとまらないのである。
ここが重要だ。スターといえども、お高くとまった段階で、人気がガタッと落ちるのが韓国の常である。たとえ人気者でも、韓国社会では常に謙虚さが求められ、腰が低い自分を見せないと共感を得られない。




逆に、少しでも「自分は特別な人間なんだ」とか「自分はビッグなんだ」と思っていたとしたら、すぐに見抜かれて、ファンは失望して離れていってしまうだろう。
長く人気を保つ秘訣は「謙虚さ」に尽きる。それは、濃密な儒教精神が残る韓国ならではのことだ。
多くの国では、スターというのは夜空に輝く星であり、一般の人が仰ぎ見る存在である。けれど、韓国では違う。スターが自らファンのそばに近づいて、ファンと共に生きているという雰囲気を出すことが大事だ。
そういう意味で、今まで韓国のスターが力を入れてきたのがファンミーティングだった。
ファンミーティングというのは、スターが唯一ファンの人たちと交流できる場であり、スターの側も積極的に開いてきた。そこでは、ファンと親しく話をしながら、スターは「私はいつもファンのそばにいます」ということをアピールする。




そのために、慣れない歌を歌ったり、苦手なダンスを踊ったり、上手く弾けないのにピアノを弾いたりする。
上手くできないのだが、それでも試してみる価値がある。一生懸命にチャレンジすることで、ファンに認められて好感を持たれるのだ。
ファンミーティング自体も、韓国では入場が無料の場合がある。そうやってファンにいい印象を持ってもらえれば、その評価はインターネットを通して広く伝わり、人気の維持に役立つ。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る