日韓の二千年の歴史10/白村江の戦い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

660年、百済が新羅と唐の連合軍によって滅ぼされた。都の扶余(プヨ)は7日間燃え続けた。百済の王家も崩壊した。ただし、復興を信じて局地的に戦ったのが鬼室福信(キシルポクシン)である。百済最後の国王であった義慈王のいとこだった。




百済の暫定的な王

鬼室福信は生き残った兵を巧みに編成し、各地でゲリラ戦を展開した。戦功も多く、復興軍の気勢は上がった。
鬼室福信は特使を日本に派遣し、義慈王の息子の豊璋(ほうしょう)を帰国させてほしいと要請した。
豊璋が日本に渡ったのは631年。以後、弟の勇と一緒に豊璋は日本に住み、百済と日本の橋渡し役を務めた。
日本から見れば人質なのだが、豊璋には日本の国情を探るという目的もあった。
豊璋は中国の故事に精通していて、朝廷でも重用されていた。
当時の朝廷には、百済系が一定の勢力を保っていた。そうした事情もあり、朝廷は豊璋の帰国を許可した。
しかも、豊璋に5千の兵を付けた。




豊璋は多くの兵を従えて故国に戻り、鬼室福信と合流した。662年5月に即位式を行ない、復興軍の中で豊璋は百済の暫定的な王になった。
鬼室福信は豊璋の臣下として仕えた。
復興軍は都の奪還を狙った。
水を差したのが鬼室福信と豊璋の内紛だった。
(ページ2に続く)

日韓の二千年の歴史11/百済寺跡と鬼室神社

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る