東方神起ユンホの故郷・光州で食べたコンナムルクッパが忘れられない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国では2月5日に旧正月の元旦を迎えたが、この日に東方神起のユンホは故郷の光州(クァンジュ)に帰省している。2月6日は33歳の誕生日。旧正月の連休と誕生日が重なり、ユンホは故郷で楽しい時間を過ごしたことだろう。




芸術の都

東方神起ユンホの故郷である光州(クァンジュ)は、韓国西南部の全羅(チョルラ)南道の道都。ソウルからは高速鉄道で2時間の距離だ。
この光州は、大物芸能人の出身地として有名である。
ユンホの他にも、BIGBANGのV.I、BTSのJ-HOPE、女優のペ・スジ、パク・シネ、ムン・グニョンなどが光州の出身だ。
それは、光州が「芸術の都」であることも関係している。
過去にも、光州はパンソリ(韓国の民謡)や東洋画の名人を多く輩出しており、アーティストを生み出す風土を持っている。そうした伝統をユンホたちも受け継いでいる。
また、光州出身の人は郷土愛がとても強く、成功すると故郷の発展のために尽力している。特に、ユンホが様々な形で故郷に貢献していることはよく知られていることだ。
郷土愛が強いのには理由がある。




光州では1980年5月18日に「光州事件」が起こった。軍事政権下、民主化を求める勢力が役所を占拠すると、陸軍が投入されて多くの市民が虐殺されたのだ。
その事件は、ソン・ガンホ主演の『タクシー運転手 約束は海を越えて』でも描かれていて、改めて光州が激動の現代史の一大拠点であったことがわかる。
住む人々の結束力が強いのも、そんな歴史を乗り越えてきたからだ。
(ページ2に続く)

日刊スポーツが報じた東方神起「ツアー完走」の雄姿!

東方神起もかならず受けてる除隊後の動員訓練とは何か?

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る