BIGBANGの現役兵の3人も体験する恐怖の「雪上訓練」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

入隊日を見ると、BIGBANGの現役兵の3人の場合は、G-DRAGONが2018年2月27日、SOLが3月12日、D-LITEが3月13日だった。この3人は陸軍の現役兵として、最前線の部隊で兵役に励んでいる。そして、真冬に体験するのが誰もが恐れおののく雪上訓練だ。

写真=韓国陸軍公式サイトより




雪の上での生活

雪上訓練とは何か。
これは、陸軍で真冬に行なわれる冬季限定の訓練のことだ。
韓国軍の軍務は、北朝鮮からの侵攻を防ぐことが第一の目的となっている。
その侵攻が真冬に行なわれたらどうなるか。必然的に雪の中で必死に防衛しなければならない。そのための訓練が雪上訓練なのだ。
特に、軍事境界線の近くを守っている最前線の部隊では重要な訓練になっている。ということは、最前線の部隊に行っているBIGBANGの3人も真冬にかならず体験しなければならない。
訓練はどのように行なわれるか。
期間は3泊4日から1週間くらいだ。




各師団が自分たちの担当区域をくまなく回って仮想敵との距離感を養うのだが、真冬に行なわれるので、必然的に雪の上で生活することになる。
訓練のときにはスコップを持っている。
なぜスコップが必要なのか。
(ページ2に続く)

BIGBANGの現役兵の3人!部隊の中でどう過ごしているか

BIGBANGのV.Iの入隊時期はどうなるか?

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(後編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る