BIGBANGの現役兵の3人!部隊の中でどう過ごしているか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGで現役兵として兵役中の3人の入隊日は、G-DRAGONが2018年2月27日、SOLが3月12日、D-LITEが3月13日だった。この3人は陸軍の現役兵として、どんな日々を過ごしているのだろうか。2018年12月11日現在の状況を見てみよう。

BIGBANGの3人がいる各部隊は丘陵地帯にあって冬は特に寒い(写真=韓国陸軍公式サイト)




寒さとの戦い

BIGBANGの3人が入隊した各部隊は韓国でも寒い地域にある。
特に12月から2月までは極端に寒い。その中で軍務に励むのは大変だ。
一番辛いのが警戒勤務。これは歩哨のことで、2人1組で1時間から1時間半ほど重要な場所を警備して回る。
極寒の地で真夜中に警戒勤務をすると、終わったあとも布団の中で震えが止まらないという。除隊した人に軍隊内での経験を語ってもらうと、「真夜中の警戒勤務が一番大変だった」と口をそろえる。
しかし、兵役を全うする以上はそれに耐えなければならない。その結果、精神力が鍛えられるのは確かだ。
さらに、1月から2月にかけては雪上訓練がある。




これは、真冬に野外で一週間近く野営をして寒さに耐える訓練だ。韓国の軍事訓練は、寒い北朝鮮との戦いを想定しているので、雪上訓練は特に重要なのだ。
このように真冬は辛いが、冬が終わったときのうれしさは格別。このときほど春をありがたいと感じることは他にないだろう。
(ページ2に続く)

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

BIGBANGのG-DRAGON、SOL、D-LITEの除隊日はいつに早まるか?

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る