日韓の二千年の歴史7/浅草寺の縁起

このエントリーをはてなブックマークに追加

東漢氏とは?

聖観世音菩薩の発見に功績があった3人(檜前浜成、檜前竹成、土師中知)は浅草の地に建てられた三社権現の祭神となった。この三社権現は1873年に浅草神社と改称されて、今も浅草寺のとなりにある。
以上が浅草寺と浅草神社の縁起なのだが、ここで注目したいのは浜成、竹成の兄弟である。彼らの姓は檜前だが、今も奈良の大和に檜前という地名がある。
古代において檜前は「渡来人の里」として知られた。その渡来人は東漢(やまとのあや)氏という一族で、もともとは5世紀頃に朝鮮半島の南部から日本にやってきた。




東漢氏は檜前を拠点として、ヤマト政権の中で大きな力を持った。それは、彼らが軍事、土木、造船という分野で優れた技術を持っていたからである。彼らの一族からは後に征夷大将軍の坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)も出ているが、その軍事力は当時の朝廷にとっても大きな脅威となるほどだった。
しかし、東漢氏が特にその存在感を示したのが仏教施設の建設だった。飛鳥寺は日本で最古の寺と称されているが、この飛鳥寺の造営にも東漢氏は関わっていたと言われているし、法隆寺にも東漢氏が制作した仏像があるという。
仏教が伝来して以後、寺院建設や仏像の制作で渡来人が果たした役割は大きいが、その中心的な存在が東漢氏だった。
(ページ3に続く)

日韓の二千年の歴史8/高句麗と日本

日韓の二千年の歴史1/海を渡る人々

日韓の二千年の歴史2/広開土王の時代

日韓の二千年の歴史3/仏教伝来

日韓の二千年の歴史4/蘇我氏と物部氏

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る