日韓の二千年の歴史7/浅草寺の縁起

このエントリーをはてなブックマークに追加

 




川の中から出てきた仏像

東京の浅草寺の本尊は観世音菩薩だが、隅田川から引き上げられたという縁起(由来)がある。
要点は以下の通りだ。
その昔、隅田川で檜前(ひのくま)浜成(はまなり)、竹成(たけなり)の兄弟が漁をして生活していた。
628年3月18日、この日はいくら漁に精を出しても、網にかかる魚はまったくなかった。落胆する兄弟。そのうち、ようやく網に獲物がかかり兄弟は喜んだが、引き上げてみると一つの仏像があるだけだった。
兄弟はその仏像の価値がわからず、すぐに川に投げ捨ててしまうのだが、場所を変えて網をしかけても、何度も仏像が引き上げられた。
「これは大変なものを引き上げたかもしれない」
おそれおののいた兄弟は、仏像を地元の博学として知られた土師中知(はじのなかとも/この氏名には諸説がある)に見せたところ、これが観世音菩薩の尊像であることがわかった。




尊いものを得た兄弟は早速、「明日はぜひ大漁になりますように!」と観世音菩薩に向かって深く祈願すると、その願いがかなって翌日は船から魚があふれるほどの大漁となった。観世音菩薩には大変な御利益があったのである。
やがて土師中知は出家して自宅を寺にし、観世音菩薩を祀って信心深い生涯を送った。その寺が浅草寺の始まりである。
645年、浅草の地を訪れた勝海上人は浅草寺に来て観音堂を建立した。そして、本尊を秘仏と定めた。
以後、この伝統は浅草寺でしっかり守られている。
(ページ2に続く)

日韓の二千年の歴史8/高句麗と日本

日韓の二千年の歴史1/海を渡る人々

日韓の二千年の歴史2/広開土王の時代

日韓の二千年の歴史3/仏教伝来

日韓の二千年の歴史4/蘇我氏と物部氏

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る