かつての韓流四天王の兵役はどうだったのか?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2003年以降に日本で韓流ブームが起こったとき、ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビンは「韓流四天王」と呼ばれた。彼らは兵役をどのようにクリアしたのだろうか。

3人は1970年代前半の生まれ

まずは、生まれた年を見てみよう。
イ・ビョンホンは1970年生まれ。
ペ・ヨンジュンとチャン・ドンゴンは1972年生まれ。




一番若いウォンビンは1977年生まれである。
ウォンビンを除く3人は、20代となる1990年代に兵役に行くというのが一般的なのだが、果たして兵役の履行状況はどうであっただろうか。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?(再読版)

2019年上半期に入隊すると兵役は何日短縮になるのか

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

兵役体験記!新兵訓練で一番の恐怖は化学ガス訓練(再読版)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る