兵役体験記!新兵訓練で一番の恐怖は化学ガス訓練(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現役兵として軍務に励むにしろ、義務警察隊員や社会服務要員になるにしろ、兵役に就いた人はかならず新兵訓練を受けなければならない。現役兵なら5週間、義務警察隊員や社会服務要員なら4週間だ。この新兵訓練の中で一番の恐怖は?

写真=韓国陸軍公式サイトより

避けて通れない訓練

覚悟して兵役に就いたとしても、新兵訓練はとてもつらいものだ。
個室で裕福な暮らしをしていた人も、新兵訓練になると大部屋で雑魚寝。しかも、朝から夕方まで厳しい軍事訓練を受けなければならない。心身ともに疲労のピークになるのだが、そんな慣れない生活の中で、誰もが「一番の恐怖だった」と語るのが、化学ガス訓練である。




この訓練は、新兵ならばかならずやらなければならない。避けて通れない訓練なのだが、どこがそんなに恐いのだろうか。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

満30歳になった2PMテギョンはいま軍隊でどう過ごしている?

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る