「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

かつての韓国芸能界では、「兵役は芸能人の墓場」と呼ばれた。兵役中に人気が落ちてしまった芸能人が多かったからだ。しかし、今や「兵役は芸能人の墓場」と言えなくなった。その根拠は何なのか。

写真=韓国陸軍公式サイトより




兵役期間の変化

かつての男性芸能人が兵役中に人気を落としたのは、兵役期間が長かったことも理由の1つだった。
たとえば、陸軍の場合は1968年には36カ月もあり、1993年でもまだ26カ月だった。
しかし、2011年からは21カ月になり、2018年10月からはさらに兵役期間の短縮が行なわれていて、最終的に18カ月になる。
一方で、かつては丸3年も芸能人はブランクを強いられていた。兵役が「墓場」と称されたのも無理はない。
徴兵期間が長かったことの他に、もう1つ、兵役入りした芸能人が忘れられる原因があった。
それは軍務中の活動が一般社会にまったく伝わらなかったことだ。




今なら、入隊した芸能人の言動は折にふれてネット上を賑わす。国防省が「開かれた軍隊」を標榜して広報活動に力を入れている成果だ。そうした情報のおかげで、ファンも入隊したスターを忘れずに済むのである。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

BTS(防弾少年団)にも影響? 今後大きく変わる芸能人の兵役問題

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る