2019年上半期に入隊すると兵役は何日短縮になるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年9月に文在寅(ムン・ジェイン)政権が兵役期間の短縮を閣議で決定し、10月から段階的に兵役期間が短くなっている。最終的には陸軍の兵役期間が21カ月から18カ月になるのだが……。




具体的な短縮方法

兵役期間の短縮は段階的に行なわれる。
もちろん、兵役中の人も入隊時期に応じて兵役の短縮を受けられる。
そして、兵役期間が陸軍で21カ月から18カ月に完全短縮されるのは、2020年6月15日以降に入隊した人からだ。
それまでは、入隊日によって兵役期間が不公平にならないように段階的に兵役期間の短縮が実施されている。
具体的な短縮方法は、2018年10月から2週間に1日ずつの割合で兵役期間を短くしている。
この計算方式によって、対象者の除隊日がどのように変わっていくかを予測することができる。




それでは、2019年の上半期に入隊した人たちは、従来の兵役期間の21カ月がどのくらい短縮になるだろうか。
具体的に表にしてみよう。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?(再読版)

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る