韓国ドラマは常に限界ギリギリの中で制作されている!

このエントリーをはてなブックマークに追加

過密な撮影日程

俳優やスタッフも大変なのですが、日本では考えられないような超過密日程がかえって土壇場での底力を引き出し、作品にテンポの良さをもたらしています。
つまり、切羽詰まった制作状況が逆に作品をエネルギッシュに彩っているというわけです。
とはいえ、制作スタッフや俳優たちは、いつも切羽詰まった状況まで追い込まれてしまいます。
「からだが持たない」
それが本音です。




そんな状況によって起きるトラブルも少なくありません。特に、放送に間に合わないという番組事故がよく起きます。
その元凶とされるのが過密な撮影日程であり、それを改善しなければならないという声がテレビ局の内部で常に生じています。
しかし、結局は制作費の問題で一向に改善されません。
制作スタッフも俳優も極限ギリギリで撮っている、というのが実情。結局は、現場がシワ寄せを受けているとしか言いようがないのです。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

放送から3年経っても大人気のレジェンドドラマ『太陽の末裔』!

前半が面白くても後半に失速する韓国ドラマが多いのはなぜなのか

『アルハンブラ宮殿の思い出』を見るとヒョンビンの絶頂期がわかる!

言い争う場面が極端に多いのが韓国ドラマ!

韓国ドラマで同じ俳優があちこちに出てくる理由とは?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る