日韓の二千年の歴史2/広開土王の時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

高句麗と戦った倭

近肖古王が世を去って、百済は再び「危機の時代」を迎える。復活した高句麗がおそるべき脅威となったのだ。
391年に17歳で即位した高句麗19代王の名は談徳(タムドク)。死後に「広開土王(クァンゲトワン)」と尊称された王である。
彼は優れた製鉄技術を生かして強い騎馬軍団を作り上げ、百済を真っ先に攻めた。軍事の天才に圧迫されるようになった百済。時代を経るごとに劣勢になっていった。
反対に、高句麗は5世紀前半には東アジアの一大帝国を築いた。
朝鮮半島の歴史でも、史上最大の領土を誇ったのが、広開土王の時代だった。それが今の韓国で広開土王が尊敬される大きな理由だ。
これほどの英雄だが寿命は短かった。
413年に39歳で世を去った。
息子の長寿王(チャンスワン)は、父の偉業を世に残す碑を建てた。現在も中国・吉林省に残っている。
碑に記された廟号は「国岡上広開土境平安好太王」となっている。




朝鮮半島最古の歴史書『三国史記』が「広開土王」と略称したことから、歴史的にこの名で知られるようになった。しかし、日本では正式名称の最後の3文字である「好太王」のほうがよく知られている。
碑には広開土王の業績が数多く記されており、「国が富み、民が安心して暮らし、五穀が豊かに実った」という礼賛が続く。
さらに興味深いのは、「倭の兵が辛卯年(391年)以来進出してきて、我らの軍と戦った」という主旨の記述があることだ。
この場合の「倭の兵」をどのように解釈したらいいのか。ヤマト政権から派遣された軍勢ではなく、日本から来て伽耶の土地に定住していた人々ではなかったのか。
彼らは人口が多く、伽耶でも一定の勢力を保って近隣地域に進出することもあった。
広開土王の碑文では、亡き王の業績を残す際に、元は外国勢力である「倭」と戦ったことを持ち出すことで、広開土王の偉大さを強調しようとしたのではないか。
つまり、領土拡張を狙って南下した高句麗軍には、異人風の軍勢が印象深かったのだろう。それが碑文の「倭」という文字につながっている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

日韓の二千年の歴史3/仏教伝来

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

康熙奉(カン・ヒボン)著『宿命の日韓二千年史』(勉誠出版)

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る