日韓の二千年の歴史1/海を渡る人々

このエントリーをはてなブックマークに追加

足りないものを補った

日本では、3世紀から4世紀にかけて近畿に強い政治勢力があった。
それは今では「ヤマト政権」と呼称されている。
そのヤマト政権は鉄を使うことで自らの勢力を拡大していった。しかし、当時の日本では鉄製品をつくりだす技術がなかった。
ならば、どこから鉄を手に入れていたか。
頼ったのが伽耶だった。
伽耶の中心地域と目される洛東江の下流域では、近年になって発掘調査が急ピッチで進んだ。
その結果、伽耶では豊富に鉄製品がつくられていたことが立証された。
先進の製鉄技術を持っていた伽耶だが、中央集権体制を築くには至らず、部族の連合体のような政治形態を取っていた。




高句麗がしきりに南下してきて伽耶は強い圧迫を受けた。
伽耶は、鉄の鎧や兜など強固な武具を持っていた。
しかし、人手だけが足りなかった。
つまり、鉄の鎧や兜はあっても、それを使う人が不足していたのだ。そこで頼ったのが日本だった。
こうして、ヤマト政権と伽耶はお互いに足りないものを補いあった。ヤマト政権は鉄を、伽耶は人手を……。
日本から伽耶に向かった人々は兵力となって高句麗と戦った。
ヤマト政権にとっても、伽耶が高句麗に滅ぼされると死活問題だった。鉄を失うことになるからだ。
それを防ぐためにも、日本から伽耶に行った人々も必死に戦ったことだろう。
(次回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

康熙奉(カン・ヒボン)著『宿命の日韓二千年史』(勉誠出版)

日韓の二千年の歴史2/広開土王の時代

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る