満30歳になった2PMテギョンはいま軍隊でどう過ごしている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1988年12月27日に生まれた2PMのテギョンは、2018年12月27日で満30歳になった。兵役中の軍隊で30歳の誕生日を迎えたわけだが、30代の始まりをテギョンはどう過ごしているだろうか。




助教の仕事とは?

テギョンは、2018年9月4日に京畿道(キョンギド)の高陽(コヤン)市に位置する第9師団に入隊した。
第9師団は、「白馬部隊」という別名を持つ韓国軍有数の名門師団だ。
ここで新兵訓練を受けたテギョンは、とても優秀な成績を挙げて周囲からも称賛された。自隊配置(新兵訓練を受けた師団にそのまま配属されること)を受けて、テギョンは第9師団の新兵教育隊の助教となった。
新兵教育隊に入隊したばかりの新兵の教育に当たるのは教官だが、その下に付いてアシスタントになるのが助教だ。
助教は、新兵訓練で優秀な成績を挙げた者の中から選抜されることが多い。そういう意味では、テギョンの場合も、新兵訓練の成績が評価されたのだ。




助教の仕事は多岐にわたっているが、主には次の3つだ。
・兵役の先輩として後輩たちの宿舎の管理をする
・訓練に必要な兵器や物品の準備をする
・教官が指示する様々な仕事を率先して行なって教官をサポートする
(ページ2に続く)

2PM(テギョン、Jun.K、ウヨン)の兵役はどこまで短くなる?

兵役10カ月目を迎えた2PMテギョンの現況は?

2PMテギョンのように一等兵になると軍務はどうなる?

2PMのテギョンが担当する「助教」とは何か?

白馬部隊でスタートした2PMテギョンの兵役生活!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る