2PMのテギョンが担当する「助教」とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

新兵訓練を終えた2PMのテギョンは、兵役の軍務を新兵訓練の「助教」としてこなしていくことになった。陸軍において「助教」というのはどんな任務を行なうのだろうか。その役割を説明していこう。

写真=韓国陸軍公式サイト

教官の下に付くのが助教

2PMのテギョンは、9月4日に京畿道(キョンギド)の高陽(コヤン)市に位置する第9師団に入隊した。
ここで新兵訓練を受けたテギョンは、とても優秀な成績を挙げて周囲からも称賛されるほどであった。




多くの新兵が行く論山(ノンサン)の陸軍訓練所ではなく、各師団で新兵教育を受けると、そのまま同じ師団で兵役の最後まで軍務をする場合が多い。これを韓国では「自隊配置」と言う。
通常は、新兵訓練を受けた師団でそのまま軍務に励むことになるわけだが、テギョンの場合は、第9師団の新兵教育隊の助教として採用された。
この助教とは何だろうか。
一般的に言うと、新兵教育隊で入隊したばかりの新兵の教育に当たるのは教官だ。この教官には職業軍人がなるのだが、その下に付いてアシスタントになるのが助教である。(ページ2に続く)

「助教」は2PMのテギョンにふさわしい兵役!

白馬部隊でスタートした2PMテギョンの兵役生活!

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る