怒濤部隊(第2師団)とはどんな部隊なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

怒濤部隊は韓国陸軍の第2師団のことである。韓国軍の数多い師団の中でも「第2」と名付けられているだけに、番号からして伝統的な師団であることがわかる。この怒濤部隊を具体的に見てみよう。

写真=韓国陸軍公式サイトより




ソウルから120キロの距離

怒濤部隊は、1950年に始まった朝鮮戦争よりも前に創設されている。
朝鮮戦争の戦況を一変させた1950年9月の仁川(インチョン)上陸作戦でも戦果を挙げたと言われるほど、韓国軍の中で特別な伝統を持った師団なのである。
現在、この怒濤部隊が駐屯しているのは、江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)郡である。
ここは、韓国の最北部にあって、軍事境界線とじかに接している。
なお、楊口郡はソウルから東北方面に120キロほどの場所にある。西側では鉄原(チョロン)郡と華川(ファチョン)郡と接している。
さらに、南側は春川(チュンチョン)市である。そして、北側は軍事境界線をはさんで北朝鮮と接している。
軍事境界線というと「北緯38度線」とよく言われているのだが、楊口郡の場合は、その38度線よりも北にある。
それだけ、最前線だということだ。




そんな場所に位置している怒濤部隊の一番の目的は、北朝鮮が侵略してきたときにいかに防ぐかということである。
それだけに、軍事境界線付近の特別な警戒も重要な任務になっている。

山岳部隊という別名も

怒濤部隊が位置しているのは、典型的な山岳地帯なのである。
地形的に見ると、非常にアップダウンが多い場所となっている。
それゆえに、怒濤部隊は別名で「山岳部隊」とも呼ばれる。
このように、地形の高低が大きい地域では戦車がなかなか使えない。
それだけに、歩兵がどれだけ機敏に動けるかということが重要な役割を持っている。
必然的に、部隊としては、集団としての統率力や個人としての戦闘能力の向上を訓練の目的にしている。




怒濤部隊は韓国の全師団の中で、「訓練の量が一番多い」と言われている。
そうした訓練を通して、戦闘力が非常に高い歩兵や砲兵が育てられている。
なお、韓国がアメリカと合同軍事訓練をするときにも、一番多く合同軍事訓練に参加するのが怒濤部隊である。
この事実を見ても、怒濤部隊の重要性がわかる。
(ページ2に続く)

最前線の部隊に入ったスターはどんな新兵訓練を受ける?

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

新兵訓練では一番最初に何をするのか

兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

2PMのJun.K が入隊した怒濤(どとう)部隊とは?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る