チャン・グンソクとイ・ミンホ!同じ社会服務要員でもどう違うのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加




4級と判定された根拠

徴兵検査で1級、2級、3級のいずれかに判定されると「現役兵」として入隊する。
4級と判定された人は補充役となる。この場合は、入隊の代わりに公的機関で代替服務をする。
具体的には、国家機関・地方自治体・公共団体・社会福祉施設などで公益目的のために働くことになる。2013年までは公益勤務要員と称されたが、現在は社会服務要員と呼ばれている。
なお、5級は第二国民役(平時には入隊が免除だが、戦時には勤労召集の対象になる)、6級は兵役免除、7級は徴兵検査の再検査となる。
ここからが大事なポイントだが、チャン・グンソクとイ・ミンホは同じく4級と判定されたが、その理由が違っている。
イ・ミンホは過去に交通事故に遭って重傷を負っている。その後遺症があって、厳しい軍務は難しいと判定されて社会服務要員になった。




チャン・グンソクは双極性障害(そううつ病)と診断されて徴兵検査の再検査を繰り返し、それによって最終的に4級と判定されて社会服務要員になっている。
つまり、軍務が難しいと判定された根拠が「身体」と「精神」に分かれているのだ。必然的に、社会服務要員として服務する機関に違いが出てくる。果たして、それは何か?
(ページ3に続く)

チャン・グンソク!兵役問題で真摯に説明責任を果たす

ネットで批判されたイ・ミンホの兵役問題を考える

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

俳優イ・ミンホが福祉活動で兵役を行なう意義とは?

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

チョン・イルが兵役を終えて芸能界に復帰!僚友のイ・ミンホは?

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る