BIGBANGのG-DRAGON、SOL、D-LITEの除隊日はいつに早まるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現在、兵役で入隊中のスターたちにとって朗報となったのが、2018年10月から実施されている兵役期間の短縮だ。それだけ芸能界への復帰が早まる。それでは、現役兵として入隊しているBIGBANGの3人の除隊日はどのくらい早くなるだろうか。




すでに兵役期間の短縮が始まっている

BIGBANGのメンバーの中で現役兵として陸軍に入隊しているのは3人だ。入隊日は、G-DRAGONが2018年2月27日、SOLが2018年3月12日、D-LITEが2018年3月13日だった。
彼らが入隊した時点では、陸軍の兵役期間は21カ月だった。
しかし、2018年9月に韓国政府は兵役期間の短縮を閣議で決定し、10月から兵役期間が陸軍で21カ月から18カ月となった。
しかし、入隊時期によって不公平にならないように兵役短縮は段階的に行なわれている。具体的には、2018年10月から2週間に1日ずつ兵役期間を短くしていく。つまり、その割合で除隊が早まるということだ。
そのように除隊の時期を調整していき、2020年6月15日以降に入隊した人から兵役期間が完全に18カ月になる。




以上のことを踏まえたうえで、現役兵として軍務に就いているBIGBANGの3人(G-DRAGON、SOL、D-LITE)の除隊予定日がどのように変わっていくのかを予測してみよう。
(ページ2に続く)

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

BIGBANGの3人が前線部隊で注意すべきことは?

解説!G-DRAGONの慰問メール自粛問題の背景

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る