解説!G-DRAGONの慰問メール自粛問題の背景

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのG-DRAGONは、2月27日に白骨部隊(第3師団)の新兵教育隊に入った。順調に兵役をスタートさせたG-DRAGONなのだが、メール自粛問題が起こっている。

写真=韓国陸軍公式サイトより

長すぎるメールは送れない

BIGBANGの所属事務所はファンに向けて、G-DRAGONへの慰問メールの自粛を要請した。
異例の事態となった。
ファンがG-DRAGONを気づかう気持ちはよく理解できるが、あまりに多くのメールが白骨部隊に届いてしまい、日常の業務に支障が出てしまったのである。




そもそも、個人向けのメールはどのようにして届くのだろうか。
まず、新兵訓練の5週間に原則として小包や宅配物を受け取ることはできない(一部の例外はある)。
手紙は受け取ることができる。
最近はメールで届くことが多くなっている。
しかし、部隊では業務を簡素化するために文字制限を設けている。要するに、長すぎるメールは送れないのである。(ページ2に続く)

兵役中のG-DRAGONの月給は最初が3万円余!

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る