日韓請求権協定とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1965年6月22日、日韓基本条約が成立して日本と韓国は国交を結んだが、その際に日韓基本条約と合わせて結ばれたのが日韓請求権協定である。この協定の内容を見てみよう。




国交正常化交渉

1961年5月、韓国で陸軍がクーデターを起こし、少将だった朴正熙(パク・チョンヒ)が政権を取った。
彼がすぐに力を入れたのが日本との国交正常化交渉である。日本から賠償金を得て経済成長の糧にしようとしたのだ。
そもそも、日韓国交樹立のための予備会談が始まったのは、1951年10月20日のことだった。
仲介したのはアメリカだ。当時はまだ朝鮮戦争の最中であり、戦いを有利に進めるためにアメリカは、日本と韓国が政治・経済・軍事で協力関係を結ぶことを強く求めた。
この予備会談は11月20日まで開かれたが、まだ日本と韓国の間には信頼関係が醸成されておらず、議題を統一することすら難航した。
以後も交渉が断続的に行なわれたが、日本の全権大使が「植民地時代に日本はいいこともした」というような発言をして紛糾。日韓の間で溝が深まるばかりだった。
しかし、新しく政権を掌握した朴正熙は早期の成立を望んだ。そうした姿勢が交渉を進展させたが、1910年の日韓併合に関する立場の違いが足かせになった。




日本側は「当時としては合法的に行なわれた」という見解を持っていた。反発したのが韓国側で「強制的に結ばさせられて非合法だった」という主張を繰り返した。
こうなると、妥協点をさぐらなければならない。最終的には、日韓併合とそれ以前に結んだ条約や協定は「もはや無効であることが確認される」という表現で決着した。
(ページ2に続く)

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る