なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮王朝とは何か

――日本でも韓国時代劇は人気がありますね。
康熙奉「NHKを初めとして多くのテレビ局が盛んに放送しています。それだけ見る人が多くなってきて、韓国時代劇に関心を寄せる人もたくさんいます。ただし、あくまでも韓国の時代劇なので、韓国の歴史がわからないと部分的に理解できないところも多いでしょう。特に朝鮮王朝に対して相応の知識を持っていたほうが、韓国時代劇をもっと楽しめると思います」




――朝鮮王朝というのは、どんな王朝だったのですか。
康熙奉「3つの大きな特徴がありました。1つ目は国王を頂点とする中央集権国家だったということです。国王の権力が絶対だったので王位継承があれほどもめたのです。2つ目は国教が儒教だったことです。儒教は人間の序列を認める思想があり、結果的に厳しい身分制度が容認されました。3つ目は官僚同士の党争が激化したことです。そんな派閥闘争は韓国時代劇の格好のネタになりました」
――そうした朝鮮王朝を扱った今回の新刊は、どんな内容になっていますか。
康熙奉「朝鮮王朝時代の歴史的な背景をわかりやすく説明した構成になっています。実際、韓国時代劇を見ている人の中では、どこまでが史実でどこからがフィクションなのかということが気になる人も多いと思います。ドラマを面白くするために、韓国時代劇はフィクションの割合が高いのですが、根底ではしっかりと史実を押さえています。そういう意味で、史実とフィクションの違いを今回の新刊では明らかにしています」
(ページ3に続く)

話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る