防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章!10年前はヨン様だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

防弾少年団(BTS)が韓国の文化勲章の「花冠(ファグァン)」を受章した。彼らの活動が国家的に認められたわけだが、同じ「花冠」を10年前に受けたのがペ・ヨンジュンだった。

文化勲章を胸に付けてもらうペ・ヨンジュン




忙しい1日

韓国の文化勲章は1等級から5等級まで5種類があり、それぞれ金冠(クムグァン)、銀冠(ウングァン)、宝冠(ポグァン)、玉冠(オックァン)、花冠(ファグァン)となっている。
等級は功績のランクを表すものではない。受章者はみんな平等に評価されており、年齢などを考慮されて、5つの等級に振り分けてられている。
そして、若い人が受ける文化勲章が花冠というわけである。
この花冠といえば、2008年にペ・ヨンジュンが受章している。彼も韓流ブームの立役者で、韓国の大衆文化を世界に広めた功労者であった。
当時のことを振り返ってみよう。
2008年10月18日、忠清北道(チュンチョンプット)の清州(チョンジュ)市にある「芸術の殿堂」の会場において、「文化の日/記念式」が開催された。




当日、『太王四神記』で共演したパク・ソンウンとシン・ウンジョンの結婚式と重なったが、その両方に参加するために、ペ・ヨンジュンは江原道(カンウォンド)の結婚式場にヘリコプターで一番乗りした。
(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る