韓国の人は夜に何を着て寝ているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマを見ていると、対比させるようにかならず裕福な豪邸と庶民的な家庭が出てきます。豪邸ではベッドで寝ていますが、韓国人の中でそれは少数派でしょう。庶民的な家庭では「オンドル部屋に布団」というのが一番多いはずです。そんなときは、何を着て寝るのでしょうか。

韓国の布団は大きめにできているものが多い




冬でも上半身がハダカ?

オンドルは床暖房です。
冬でも部屋の中がポカポカします。
そんなこともあって、オンドルで寝るときは布団もうすいもので十分です。韓国ドラマを見ていて日本の人が「冬でもなんであんなに布団がうすいの?」と感じるのは、オンドルが決定的に影響してします。
実際、韓国は日本より寒い国です。しかし、家は冬に備えて造られているので、オンドルを使えば、とにかく家の中は暖かいです。
それで、冬でもうすい布団に寝て、あとはパジャマを着ます。
男性の場合なら「上はTシャツかランニング、下は半ズボン」ということも多いようです。さらには、韓国では冬でも上半身がハダカのまま寝る人が結構います。それが一番気持ちがいい、と韓国の男性はよく言います。




それもすべてオンドルのおかげです。あの暖かさは経験してみないとわからないでしょう。
しかし、春から秋にかけてはオンドルをつけません。その場合は、どのような服装で寝るのでしょうか。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る