韓国ドラマに出てくる食堂はいつも気丈な女性が仕切っている!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

とてもパワフルな韓国の女性たち。家事や育児をこなしながら、自分で商売を仕切っている女性がたくさんいます。韓国ドラマを見ていても、そんな女性たちが次から次へと出てきて、男性を圧倒している姿が目立っています。

韓国の典型的な食堂!仕切るのは女性ばかり




一生懸命に働く女性たち

ソウルの賑やかな市場に行くと、大きな声で元気よくお客さんに声をかけている中年の女性たちをよく見かけます。
その中にはポッタリチャンサ(担ぎ屋の商人)と呼ばれる女性たちがいます。日用品や農産物を中国など韓国より物価の安い国で買い付け、飛行機や船でそのまま国内に持ち込んで販売したりするのです。
また、市場にあるお店の多くは、広さが2、3坪ほどで、店内には所狭しと商品が並べてあります。
そんなお店も気丈な女性たちがよく仕切っています。
もちろん、交渉次第で値引きも可能。お客さんが来ない時は、他のお店の人たちと花札に興じるなど、茶目っ気もたっぷりです。
さらには、食堂を開く女性もたくさんいます。




このように、女性が何歳になっても一生懸命に働く一方で、男性が酒やギャンブルに溺れて働かないことが、韓国でも社会問題になったことがありました。彼らは「シャッターアジョシ(おじさん)」と呼ばれています。
さて、「シャッターアジョシ」とは?
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る