韓国ドラマを見ていると「方言」の違いが面白い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマを韓国語で見る楽しみの1つが方言だ。特に、釜山(プサン)出身の人がソウルに出てくる場面では、釜山のなまりが強烈で、思わずニコリとしてしまう。そこで、韓国の方言について見てみよう。

釜山の方言を大いに楽しめるドラマが『応答せよ1997』だ




釜山の方言とは?

韓国にもその地方ごとに方言がある。
もともと、韓国語は中国語などに比べて言葉の抑揚(イントネーション)が少なく、男性と女性の話し方があまり変わらないのだが、地方の言葉には様々な特徴がある。
首都ソウルがある京畿道(キョンギド)の言葉が標準語にあたるが、釜山(プサン)がある慶尚道(キョンサンド)の方言は、言葉を短くして、かなりの早口でまくし立てる。抑揚も韓国語の中では一番強い。
また、大きな声でぶっきらぼうに話す人が多いため、ケンカをしているような印象を与える。逆に、慶尚道の人にとっては、ソウルの言葉を話す男性は女性っぽく感じられるそうだ。
釜山の方言を多用したドラマといえば、真っ先に思い出すのが『応答せよ1997』だった。




このドラマでは主人公を演じたソ・イングクとチョン・ウンジが釜山の方言まるだしでお互いの感情をぶつけあっていた。
あのときのチョン・ウンジが扮した高校生は本当に可愛かった。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る