韓国は日本のW杯16強をどう伝えたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

FIFAワールドカップのロシア大会で、韓国は決勝トーナメントへの進出を逃したが、世界王者のドイツを2-0で破って世界を驚かせた。一方の日本は、グループリーグの最終戦でポーランドに0-1で敗れたが、かろうじて16強に残った。このことを韓国メディアはどのように報道しただろうか。

日本の決勝トーナメント進出を伝える6月29日付けの『朝日新聞』

様々な受け止め方

グループリーグの3戦目のポーランド戦。
日本は0-1でリードを許していたが、終盤はパスをまわすだけで、点を取りにいく姿勢を見せなかった。
仮にポーランドに0-1で敗れても、セネガルがコロンビアに0-1で負ければ、イエローカードの差で決勝トーナメントへの進出が決まるからだ。
結果は、日本の思惑どおりになった。




しかし、負けていながら点を取りにいかない戦法は、イギリスやロシアなどの海外メディアから批判された。
果たして、韓国ではどう受け止められたのか。
『中央日報』は次のような記事を掲載した。
「この日、日本とポーランドは意欲のない競技を続けた。競技終了直前の5分間、日本は中盤でボールをつなげるだけだった。ポーランドも日本のボールを奪って攻撃しようという姿を見せなかった」(ページ2に続く)

韓国は日本のW杯勝利をどう伝えたか

李秀賢(イ・スヒョン)さんが見ていた青い空

それぞれが面白い!日本と韓国

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る