韓国は日本のW杯勝利をどう伝えたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

6月19日、FIFAワールドカップ・ロシア大会の1次リーグで日本はコロンビアに2-1で勝った。前回大会は1勝もできなかったので、2大会ぶりの勝利となったが、韓国は日本の勝利をどのように伝えただろうか。

日本の勝利を伝える6月20日付けの「朝日新聞」

南米に勝った意義

韓国は、今回のワールドカップの初戦でスウェーデンに0-1で敗れている。ゴールの枠内に1本もシュートを打てないという敗戦に対して、国民は大いに失望した。
そんな雰囲気をメディアも十分に感じているのだが、今回の日本の勝利をどう伝えているのか。
韓国を代表する通信社の「聯合ニュース」は、「日本が、南米に初めて勝ったアジアチームに」という見出しを掲げて、大々的に報じている。




「これまで、アジアの国はワールドカップで南米に対して通算で3引き分け14敗だった。これは、南米の卓越した個人技に翻弄された結果でもあった」
「韓国も、南米に対しては1引き分け4敗を記録していた」
「日本は勝利した。アジアの国がワールドカップに出場してから80年目に初めて南米に勝ったのだ」
聯合ニュースはこのように報道して、日本が南米のチームに初めて勝ったことを大きく扱った。
それは、「朝鮮日報」も同じだった。(ページ2に続く)

李秀賢(イ・スヒョン)さんが見ていた青い空

それぞれが面白い!日本と韓国

韓国女性の生き方〔第1回〕

現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る