イ・スンギ!精悍さとパワーを増して4年ぶりに日本に戻ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「これがイ・スンギだ!」と思わず叫びたくなるようなファンミーティングが5月31日に東京で行なわれた。約4年ぶりの来日だけに、ファンのボルテージも最高潮だった。

©FRAU INTERNATIONAL

©FRAU INTERNATIONAL

エネルギーも全開

イ・スンギが兵役を終えて芸能界に戻ってきたのは昨年10月。以後、彼はドラマやバラエティ番組で精力的に活動を行なっていたが、今度の4年ぶりの来日では、さらに精悍さとパワーを増し、エネルギーも全開だった。




東京の中野サンプラザで5月31日に行なわれたファンミーティグは、題して『LEE SEUNG GI FAN MEETING in Japan』。
爽やかな白いジャケット姿でステージに登場したイ・スンギはまず、代表曲の『僕の女だから』を熱唱。
続くトーク・コーナーでは、軍隊生活のエピソードを写真や映像を交えながらたっぷりと紹介してくれた。(ページ2に続く)

イ・スンギは兵役中も誠実なナイスガイ!

検証!イ・スンギ主演『花遊記』の放送事故

『花遊記』問題!ドラマの放送事故がなくならない理由

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る