イ・スンギは兵役中も誠実なナイスガイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

10月2日から6日まで開催された地上軍フェスティバルで、公演中にMCから歌まで披露して大活躍したイ・スンギ。そのステージを見ていると、誠実な人柄が随所に感じられて、改めて彼の魅力にとりつかれた人が多かった。

今年の地上軍フェスティバルで大活躍だったイ・スンギ

今年の地上軍フェスティバルで大活躍だったイ・スンギ

12月から上等兵に昇格

イ・スンギは1987年生まれ。2004年の高校時代に歌手としてデビューし、以後は芸能界で幅広く活躍している。日本ではドラマ『華麗なる遺産』の主演で有名だが、韓国では人気バラエティ番組で巧みな司会もこなす。実にマルチな才能を持ったスターなのである。

彼が兵役で入隊したのは今年の2月1日だった。今は陸軍特戦司令部に所属しており、階級は一等兵だが、12月からは上等兵に昇格する予定だ。




今回の地上軍フェスティバルでは、広報・宣伝活動でメインキャラクターの役割を務めていて、ポスターや広報映像に盛んに登場していた。彼が持つ誠実なイメージが軍内部で評価されていることの証である。

実際、地上軍フェスティバルが始まると、メインのMCを務めて公演を大いに盛り上げていた。今年の地上軍フェスティバルは大成功のうちに終わったが、イ・スンギが果たした役割も非常に大きかった。(ページ2に続く)

img_5808

2010年3月5日、来日記者会見で笑顔を見せるイ・スンギ

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る