『オクニョ』に出てくる茶母(タモ)とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『オクニョ 運命の女(ひと)』の主人公は、16世紀の朝鮮王朝時代に典獄署(チョノクソ)で育った設定になっている。この典獄署は現代で言えば刑務所と同じで、多くの囚人たちを収監して管理した役所である。そうした典獄署が描かれていく中で、ドラマの中では茶母(タモ)という存在もクローズアップされてくる。

お茶に関する仕事に従事

もともと、時代劇には歴史的に埋もれていた存在を再び明らかにしてくれる効果があるが、その1つが茶母(タモ)だ。
この存在が有名になったのは、人気を博した『チェオクの剣』でハ・ジウォンが茶母を演じてからだった。




その茶母は、『オクニョ 運命の女(ひと)』にも登場する。果たして、茶母とはどんな存在だったのだろうか。
朝鮮王朝時代は身分制度が厳格であり、両班(ヤンバン)のような上流階級の屋敷では、身分が低い人たちが様々な雑役を担っていた。そうした人の中で、特にお茶に関する仕事をしていたのが茶母(タモ)である。(ページ2に続く)

『オクニョ』の実在した登場人物は実際にどんな人だった?

『オクニョ』に登場する「典獄署(チョノクソ)」とは何か?

『オクニョ』を楽しく見るための歴史解説!

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(前編)

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る