『オクニョ』に登場する「典獄署(チョノクソ)」とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NHKの総合テレビで放送されている『オクニョ 運命の女(ひと)』。チン・セヨンが扮するオクニョは、16世紀の朝鮮王朝時代に典獄署(チョノクソ)で育った設定になっている。この典獄署とは、どんな役割を持った場所なのだろうか。

刑曹(ヒョンジョ)に所属する役所

現代的に言えば、典獄署は刑務所と同様だ。この典獄署の施設には多くの囚人たちが収監されていたのだ。
組織から見れば、典獄署は朝鮮王朝時代に法務全般から刑罰までを仕切った刑曹(ヒョンジョ)という官庁に所属していた。
そして、拘束された囚人たちを管理し、裁判によって決まった刑を執行する役目を負っていた。




この典獄署で実務を担当する役人のトップは主簿(チュブ)と呼ばれた。その主簿の下に奉事(ポンサ)がいて、さらに下に参奉(チャムボン)という役人がいて業務を補佐していた。
その他に、書吏(ソリ)と羅将(ナジョン)という役職が典獄署にはあった。(ページ2に続く)

『オクニョ』を楽しく見るための歴史解説!

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(前編)

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(後編)

『オクニョ』で人気!コ・スの思い出のファンミを再現

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る