日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1人暮らしに便利な街

「1人で生活するうえで、東京はソウルよりはるかに便利だった」
そう語る韓国女性。逆に言えば、ソウルは1人暮らしには不便なのだ。
「東京の場合は1人暮らしの人がすごく多いでしょ。そういう生活パターンに世の中が合わせてくれるんです。でも、韓国では、1人暮らしに対する社会の思いやりがあまりないですね」




「たとえば、スイカを売るとき、東京では細かく切り1人用として売っています。ソウルにはそういうものがありませんし、あくまでも家族中心の考え方が主流です。ソウルにも大型のショッピングモールが増えてきましたが、そこに行っても歯ブラシを10個単位で買わなければなりません。1個では買えないんです。ソウルで働く日本の人たちも不便に思っていると思いますよ」
今後はソウルでも1人暮らしが多くなっていくはずだ。時代に応じて、ソウルが東京のように1人暮らしに便利な街に変貌していくのだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

日本と違う韓国のビックリ(1)

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る