韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい日本と比較してしまう

韓国の物価の高さを指摘する意見も多かった。
「旅行気分ならいいけど、住むとなったらシビアです。お店ではちょっと日本語をしゃべれる店員さんが『日本円にしたら安いもんでしょ』とすぐ言ってくる。あれは頭にきますよね」
韓国でウォンを簡単に円に換算する習慣ができると駄目だ。ウォンはあくまでもウォンなのだ。
「韓国は日本と比べると生活必需品が高いです。特に、トイレットペーパーと洗剤!」
「日本の100円ショップで売っているものがこっちで3000ウォン(300円)くらいで売っていますから」




生活必需品が高いことは多くの日本女性が強調していた。
さらに……。
「Tシャツを買ったら、ロゴの縫い目があまりに雑でした」
「デパートでコートを買ったとき、腕が長かったから短くしてもらうように頼んだんです。ところが、右手だけちゃんと直って左手が直っていなかった。こんな高いものを買ったのに、なんでこんな仕打ちを受けなければならないのか」
その怒り……よくわかります。(ページ3に続く)

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ27

それぞれが面白い!日本と韓国

日韓政治問題に翻弄されない「頼もしき韓流」

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る