日本と違う韓国のビックリ27

このエントリーをはてなブックマークに追加

第27回 並ぶのは時間の無駄という考え方

A9Al0u7n1hbpeHP1469069775_1469069840

エンドロールで席を立たない

平日の午前11時に渋谷で地味な映画を見た。

ガラガラだと思ったら、空いていたのは最前列だけ。年配の人たちが、しっかり座席を埋めている。

仕方がないので最前列に座り、できるだけ視野を広く取ろうと務めながら、必死にスクリーンを凝視し続けた。

目が疲れた頃、ようやくエンドロールになった。

誰も席を立たない。

スクリーンにはスペイン語の人名が次々に映し出されている。

結局、エンドロールが終わって明かりがつくまで、すべての観客が自分の席でジッとしていた。

私はトイレに行きたかったのだが、出るに出られなかった。これが日本の映画館なのである。

観客も、エンドロールをクライマックスの一部と考えている。それを見ないで帰ることは、映画を完全に見たことにならない。

もちろん、エンドロールの途中で帰る客もいる。それでも日本では、エンドロールが終わるまで席に留まる客のほうがずっと多いだろう。

康熙奉の講演会「朝鮮王朝の歴史と人物」はこちらです。

(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る