白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歩兵師団は射撃重視

体力テストも実施される。
3キロのランニングで規定のタイムをクリアできないと、体力不足の烙印を押される。そういう人は徹底的な体力強化プログラムを課されることになる。
3週目になると、いよいよ軍事訓練が本格的に始まる。
最初に小銃の操作や管理を学ぶ。




白骨部隊、青星部隊、イギジャ部隊はすべて歩兵師団なので、歩兵として小銃の技術向上が特に重視される。
まずは小銃の分解と組み立てを完璧に覚え、その後に射撃予備訓練で銃の構え方や標的の狙い方を学ぶ。
そのうえで、実際に射撃訓練に移っていく。25メートル先のマトに正確に当てるための訓練が延々と繰り返される。
また、手榴弾の扱い方と投げ方を学ぶ。
危険をともなうので、教官がマンツーマンで指導してくれる。事故がないように細心の注意の元で訓練が続く。(ページ3に続く)

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(後編)

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る