兵役中のG-DRAGONの月給は最初が3万円余!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国のテレビ番組で、毎年多額の著作権料を受け取ると紹介されたG-DRAGON。兵役中にもかならず入ってくる収入が大きな話題となったが、実際に軍隊ではどの程度の月給をもらうのだろうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

2018年の給料

韓国の国防省は、今までに兵役履行者の給与が低すぎたことを認め、ここ数年は段階的に引き上げてきた。
その結果、2018年は大幅にアップしている。具体的に言うと、2018年は2017年に比べて90%前後も給料が上がったのだ。
それでは、一体いくらの支給を受けるのだろうか。
階級によって、以下のとおりとなっている。




二兵 30万6100ウォン(3万610円)
一兵 33万1300ウォン(3万3130円)
上兵 36万6200ウォン(3万6620円)
兵長 40万5700ウォン(4万570円)
(※日本円への換算は10ウォンを1円として計算した)(ページ2に続く)

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

解説!G-DRAGONの慰問メール自粛問題の背景

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る