ジョン・ヨンファが入隊した勝利部隊(第15師団)はどんな部隊なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大統領が称賛した部隊

なぜ、第15師団は勝利部隊と呼ばれるのか。
それは、1950年に始まって1953年に休戦となった朝鮮戦争において勇敢な戦闘を続けて、勇名をとどろかせたからである。
当時の李承晩(イ・スンマン)大統領がこう言ったという。
「この部隊は戦えば確実に勝利する」
大統領からここまで称賛された。




部隊として、これほどの名誉は他にあろうか。
こうしたエピソードから第15師団は勝利部隊と名付けられたのだ。
以来、勝利部隊は軍事境界線の中央部をしっかりと守り抜く任務をこなしてきた。
その軍事境界線の防衛というと、重要になってくるのが警戒勤務である。警戒勤務とは歩哨のことで、2人1組で重要な拠点の見回りを行なうのだ。(ページ3に続く)

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

兵役と韓流スター!基本解説1

ぜひ知っておきたい「兵役の基本知識」

兵役の基本!ファンもぜひ知っておこう

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る