光海君(クァンヘグン)の末路!廃位になった後どうなった?

このエントリーをはてなブックマークに追加

その後の18年間

江華島に流された光海君の一家。
王宮時代の栄光はすでになく、質素に暮らさざるをえなかった。
そんな生活に嫌気がさした息子夫婦は島からの逃亡を図った。
しかし、それはすぐに発覚した。結局、息子夫婦は自決せざるを得なくなってしまったのである。
このことによって、柳氏は絶望して慟哭(どうこく)した。やがて、彼女は首をくくって死んでしまった。
ただし、病気で亡くなったという説もある。




このように、最期の状況がはっきりしないほど柳氏の死は謎めいていた。
たった1人になってしまった光海君。その後、彼は済州島(チェジュド)に流されてしまった。
済州島と言えば、極悪人が島流しにあう最果ての地である。そんなところまで島流しにあったことで、光海君の絶望は深まった。
彼は嘆きながら済州島で暮らしたのだが、意外に水と空気が合ったようで、1641年まで生き続けた。
享年は66歳だった。
クーデターで追放されたから18年間も生き延びたのである。

記事提供:「朝鮮王朝オッテヨ」http://otteyo.com/

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)の斬首を拒んだ?

歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

https://goo.gl/Pe7MkX

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る