深遠な世界を旅するコン・ユの言葉に酔う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブレークするきっかけとなった『コーヒープリンス1号店』から10年。コン・ユはいまだに頂上をめざして登り続けている。彼が見せてくれるドラマや映画の世界が、見ている人にはなんと魅力的にうつることだろうか。




様々な役柄を演じ分ける

孤独でない俳優はいない。
俳優になるには必ずしも孤独である必要はないが、俳優を続けているうちに誰もが孤独になっていく。
なぜならば、演じる役柄になりきろうとすれば、自分をひとりぼっちにしなければならないからだ。そのうえで、人恋しいように役柄に入り込んでいく。それができる俳優こそが名優の仲間入りを果たせる。
何よりも、孤立すら知らない人間が、多様な人間の心理に分け入っていけるわけがない。そのことをコン・ユを見ていると、つくづく実感する。




彼はなぜ様々な人物像をあれほど的確に演じ分けることができるのか。
それは間違いなく、深遠な世界を一人で旅しているからに違いない。(ページ2に続く)

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』は絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る