招待されない人も出席する韓国の結婚式事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国では「たくさんの人に結婚式に来てもらうほど、結婚する2人は幸せになれる」と考えられています。そのため、直接招待されていなくても勝手に出席してしまう人もよくいます。そのあたりは日本と習慣が違います。

食事はビュッフェが多い

韓国の結婚式でも招待状を送りますが、仮に500人から出席するという返事をもらっても、実際には700人くらいが来ると読んで準備をします。出席の返事をしていなくても急に来たり、招待していないのに来たりするからです。




また、招待を受けた人が、「今度の日曜日に予定がないなら、一緒に結婚式へ行こうよ」と気軽に友人を誘って結婚式に出席することもあります。
日本の場合、結婚式・披露宴ともにホテル内の会場で行われることがよくありますが、韓国ではキリスト教が浸透していることもあり、教会で式を挙げる人が多いのです。また、礼式場(イェシッチャン)と呼ばれる結婚式専用の会場も多く利用されています。
結婚式が終わると披露宴会場に移り食事をしますが、韓国ではたいていビュッフェ形式の食事になります。
結婚式に来た人たちはご祝儀を渡すと、引きかえに食事券をもらい、それを披露宴会場の入口で渡します。(ページ2に続く)

新婚生活を始めた直後の新婦がチョゴリを着る理由

これは便利!韓国は出前天国

韓国は、鼻と目と耳と舌で感じる国だ

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る