コン・ユがいるから韓流がさらに味わい深くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の俳優は慈善活動に熱心な人が多いが、その中でもコン・ユの積極さは際立っている。その源は、純粋な人間愛であるに違いない。彼は自分が誰に支えられているかをよく知っている俳優なのだ。




とぼけた味を披露

コン・ユは特別な才能を持っている。
その異才を存分に発揮した作品が、昨年韓国で公開されて大ヒットした映画『釜山行き』だった。
その映画がようやく日本で公開された。邦題は『新感染 ファイナル・エクスプレス』。タイトルがあまりに変わっているので驚くが、この映画を通して日本でもコン・ユの卓越した演技力を大いに堪能できる。
改めて、コン・ユという俳優の軌跡を見てみよう。
1979年7月10日に生まれた。2001年にKBSドラマ『学校4』で俳優デビューし、2002年に『同い年の家庭教師』で映画に初出演してクォン・サンウと共演している。




以後も、テレビや映画で活躍。その中でも大ブレークのきっかけになったのが『コーヒープリンス1号店』だった。
このドラマでコン・ユは、骨太の演技と同時にとぼけた味を披露。そのコントラストがとても面白かった。(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

続報!イ・ジュンギのブラックリスト問題

さすが哲人俳優コン・ユ!兵役に対して的確に指摘

朋道佳のイチオシ15『鬼<トッケビ>(原題)』

『鬼<トッケビ>(原題)』!百想芸術大賞で受賞ラッシュ

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る