日本で平昌(ピョンチャン)五輪が絶対に盛り上がる4つの根拠!

このエントリーをはてなブックマークに追加

時差がないのは大きい

2つ目の根拠。
それは、なんといっても隣国で開催されるという「地の利」だ。
よく知られているように、日本と韓国は時差がない。これは日本の選手にとって、とても有利な条件になる。何よりも、コンディションを整えやすいのだ。
しかも、日本から見て平昌は、「国内」に匹敵するほど距離が近い。その一方で、冬季オリンピックに強いヨーロッパや北米の選手たちは長い距離を移動してきて時差にも悩まされる。この条件の「有利と不利」の違いは大きい。




つまり、日本選手は国内の慣れた環境でたっぷりと練習をして、まるで近所に出掛けるような気安さで韓国に移動すればいいのである。
やはり、近場でオリンピックが開催されるというのは、肉体的にも精神的にも大変な強みなのだ。コンディションの調整がしやすいという点でも、日本選手にとって平昌オリンピックはとても有利な大会になるだろう。(ページ3に続く)

日本と違う韓国のビックリ(1)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(チャングム編)

康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人7」

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る