パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

福岡、大阪、東京で行なわれた「パク・シフ主演ドラマ・フェス! 大感謝祭ツアー」。私(朋道佳)もファイナルである東京の夜公演(6月15日)の取材に行って来ましたが、久しぶりに見た生パク・シフは相変わらず素敵でした。

©MENTOR Co., Ltd

©MENTOR Co., Ltd

全力でアクションを披露!

東京の夜公演は、『王女の男』のスンユと『名もなき英雄<ヒーロー>』のシユンになりきってのステージでした。
フードを被っての登場はまさに『名もなき英雄<ヒーロー>』のシユン。長身にスラリと伸びた長い足、おまけに顔も小さいときているので、「いったい何頭身!?」と瞬きもせず見入ってしまったほどでした。
『王女の男』のダークスンユの姿もガラリと雰囲気が変わって渋くて素敵!




客席のファンの皆さんもうっとりしていましたね。
キレのあるアクションを披露し、客席からも歓喜の嵐。
激しいアクションシーンのあと、相手の黒マスクをはずして称える姿には彼のやさしさを垣間見た気がしました。
アクションの練習中に手を15針も縫う怪我してしまったらしいのですが、それでも全力でアクションを披露してくれたパク・シフ。きっと、無理をおしてファンの為に全力で臨んでくれたのでしょう。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る