『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

『七日の王妃』について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

気が弱すぎる王子

晋城大君は、異母兄の燕山君にさんざんイジメられていた。
それだけ強い恐怖心を持っていて、クーデター軍のことを「兄が送り込んできた暗殺者たち」と勘違いしたのだ。
観念した晋城大君は自害しようとした。
それを必死に止めたのが妻の慎(シン)氏だった。彼女は、押し寄せてきた人たちが暗殺者ではないと察していた。
「早まってはいけません。彼らは敵ではないようです」




そう言って慎氏は晋城大君を説得した。
やがて晋城大君は冷静になり、クーデター軍の真意を理解できるようになった。
しかし、彼は自分を祭り上げようとするクーデター軍に同意しなかった。
自分が兄に代わって王になれば、絶対に悪者にされると恐れたのだ。
この点で、晋城大君は気が弱すぎる王子であった。
評判があまりに悪かった燕山君を必死に守ろうとする者はほとんどいなかったというのに……。(ページ3に続く)

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(10代王・燕山君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張緑水編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る