2PMテギョンが兵役について「申し訳ない」と語った真意は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

テギョンは最近になって、兵役について次のように発言している。「僕は、とても遅く軍隊に行くことになるので、多くの方に申し訳ないと思っています」。まるで謝罪の言葉のようだが、その真意はどこにあるのか。

D4oJLEyW3zHYcNO1496365349_1496365397

現役兵への強い意欲

兵役に関しては「立派にやりとげたい」という強い気持ちを持っているのが、2PMのテギョンだ。
彼は本来、アメリカの永住権も持っていた。それを理由にすれば兵役を免除にすることも可能だった。外国の永住権を持っている人は徴兵されないからだ。




しかし、テギョンはアメリカの永住権を放棄してまで、兵役を履行しようとした。さらに彼は、腰の持病を理由に社会服務要員という判定を受けたのだが、二度にわたって腰の手術をして、現役兵に強い意欲を示した。
本来なら、軍隊に行きたくないという気持ちになるのが韓国男性の一般例なのだが、テギョンは違った。(ページ2に続く)

2PMテギョンが現役兵入隊にこだわる事情

2PMテギョンに語学兵を勧める切実な理由

異例!2PMのテギョンが兵役について積極的に発言!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る