話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤いチマ岩の伝説

中宗は愛妻の端敬王后と別れなければならなくなった。
彼は王とはいえ、高官たちに逆らえなかったのだ。
端敬王后が王妃でいられたのは、わずか7日間であった。それが、今回のドラマのタイトルになっている。




端敬王后が王宮を去ったあと、中宗は悲しみにくれて、王宮の高い場所にひんぱんに上がっていった。端敬王后が住むあたりをながめるためだった。
そのことが都で話題になった。端敬王后の耳にも入り、彼女は家の裏の岩山に自分の赤いチマ(スカート)を干した。
「私は元気に暮らしています」
そういう意思表示だった。
この逸話は「赤いチマ岩の伝説」と呼ばれ、韓国でも夫婦愛を示す際によく使われている。本当を言えば、中宗が愛する妻を離縁しないことが一番であったのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(10代王・燕山君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張緑水編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る