話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ高官たちは離縁を迫ったのか

燕山君は韓国の歴史上でも一番悪名が高い王である。
暴政のかぎりをつくし、結局は1506年にクーデターで廃位になっている。代わって王の座についたのが、異母弟の中宗であった。
彼は、クーデターを成功させた高官たちに頭があがらなかった。そんな高官たちは、中宗に無理難題をつきつけてきた。「妻と離縁してほしい」というわけだ。




中宗は妻の端敬王后を心から愛していた。離縁などできるはずがない。しかし、高官たちは執拗に離縁を迫ってきた。
その理由は何なのか。
実は、端敬王后は燕山君の妻の姪であり、父親も燕山君の側近であった。つまり、端敬王后の身内には燕山君と深い関係の人が多すぎたのだ。
高官たちは燕山君の一派の巻き返しを恐れていて、それゆえに、端敬王后が王妃の座にいることを容認できなかった。(ページ3に続く)

『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(10代王・燕山君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張緑水編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る